Spot No.1 天林寺(曹洞宗)

posted in: 瞽女ゆかりの地 | 0

天林寺大龍山「天林寺」は、曹洞宗のお寺ですが、ご本尊は弁財天で琵琶を持つそれは美しい仏様です。元来、古代インドのインダス川の河神で音楽や芸能、福徳や戦勝などの神様といわれています。

普段は逗子の中に入れられて見ることはできませんが、かつては5月13日の妙音講の時に御開帳されていました。別名「瞽女寺」と呼ばれて妙音講には高田瞽女がすべて集まり、瞽 女式目を和尚さんから読み聞かせていただいた後、自慢の唄を披露していました。

天林寺1須弥壇左手の上に瞽女が奉納した「打ち敷き」の木札とその打ち敷きは今も大切に保管されています。また右手には「おびんずるさま」が安置されており、人々の願いを集めた様を教えてくれます。

5月、ご本堂前の庭には牡丹の花が咲きそろい、目の見えない瞽女たちが愛でた香りを今に伝えております。

 

 

アクセス


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です